デリバリーサービス使った事あります?

ウーバー、出前館、フードパンダなど

初回利用はかなりエグイサービスやってますよ!

【2021年版】タイラバロッド!人気おすすめランキング!

おすすめ商品
この記事は約6分で読めます。

今回は船釣りの代表的なルアー釣り「タイラバ」に最適な、おすすめランキングを紹介します。

1位のアイテムは2位とかけ離れた販売数をもったずば抜けて売れているアイテムですので、ぜひチェックしてみてください。

 

このブログのランキングは、お店の販売数発売時期お客様の口コミなどを参考にした、釣り具店員である私が思うオリジナルランキングです。
新製品でもランクインしているものがあるのは、長年の経験から間違いないと判断しているからです。

ランキングが見たいという方は目次より飛んでくださいね。

 

タイラバロッドの選び方と特徴

まず、他の船釣りで使用している竿と兼用できるのか?という質問が多いのですが・・

兼用できなくはない!釣りはできる!ただ、釣果は変わってくると思います。

とお答えしています。

タイラバ専用のものは、やはりマダイ特有のゴンゴンゴンっと首をふって突っ込む引きを吸収してくれる胴調子のものが多く、バレにくく設計されているのが特徴です。

基本的に竿が硬ければ、掛かりは良いですが、バレも多くなります。操作性も損なわず、魚がかかった後は、強力な引きを吸収できるタイラバ専用ロッドがオススメです。

基本、巻いて落とすを繰り返す釣りですので、両軸リールの方がこの釣りにはあっており、ロッドも両軸リール用のロッドがランキングに入っております。(地域や水深によってはスピニングを使うとこもあるみたいですが、レアケース)

ではランキングをごらんください。

 

【2021年版】タイラバロッド!人気おすすめランキング!

第5位 シマノ 炎月BB B69MLーS/2

炎月 BB
炎月のコンセプトを踏襲しつつ高コストパフォーマンス化を図った『炎月BB』は、鯛ラバロッドのNEWスタンダード。ノリ調子として設計したブランクスはクッション性に優れ、安定した等速巻きを実現。さらに、アタリをハジきにくくバラしにくいオートマチック感覚で真鯛が釣れる性能は上位機種と比べても遜色なく、使うアングラーを選ばない。アイテムはベイトモデル7種類とスピニングモデル1機種。バーチカルからキャスティング、数釣りから大鯛狙いまでカバーする充実のラインナップだ。

パフォーマンスはそのままにセンターカット2ピースが登場!

炎月の名に恥じないスペックを有しつつ、高いコストパフォーマンスを求めた『炎月BB』に、仕舞寸法約106cmで持ち運びの利便性が高くバットパワーも高めた待望のセンターカット2ピースモデルが登場。高強度「タフテックα」を採用したロングソリッドティップで喰い込みの良さとバラシの軽減も追求。沖合での使用を想定したMとMHにはクラゲ対策の大口径ガイドを搭載するなど、本格派でも納得の設計。手軽かつ快適に鯛ラバゲームを楽しむアングラーに使ってもらいたい。

BBはシマノのラインナップのランクを示すなかで、最もコスパを求めたシリーズ。わかりやすくいうと1番安いシリーズ。入門者の方におすすめです。

最も売れている規格は、B69ML-S/2 です。瀬戸内で最大でも100gまでの海域でちょうど使いやすい規格です。

B69ML-S/2【追加】
繊細さを重視したオールラウンダー
炎月BBの基軸となるアイテム。軽めの鯛ラバから100gクラスまで適応。鯛ラバを等速巻きしやすく、アタリに対し吸い付くように追従するノリ性能を実現。また、潮流の変化や真鯛がまとわりつく気配を察知しやすい高感度ロッドに仕上がっています。鯛ラバゲームに求められる要素をバランス良く備えたベーシックなロッドです。

 

続けるかどうかわからない釣りに大金をつぎ込めないので、まず入門モデルでこの釣りが自分にあうかどうかを試すのはアリだと。もちろん実釣で充分使えます。

 

第4位 プロマリン(PRO MARINE) ソルティーボートタイラバ 662ML

聞きなれないkもしれませんが、大阪の問屋さんのオリジナル。

侮るなかれ!ハイコストパフォーマンスで初心者の方には絶大な支持を受けています。販売数ならかなりの上位機種となります。

HPへもリンク貼っておくので確認してみてください。

店頭では初心者の方にはこれをオススメしています!

 

第3位 ダイワ 紅牙 エアーポータブル

2020年2月デビューのアイテム

9アイテム発売されていますが、瀬戸内エリア(水深10m~最大80m)では圧倒的に2アイテムが売れています。

紅牙N69MB-S AP

紅牙N69MHB-S AP

使用される海域に合わせて規格は検討して頂ければと思います。

 

 

第2位 シマノ 炎月SS

Xシート エクストリームガングリップ搭載で実釣性能がさらに向上。

■スパイラルX
■ハイパワーX
■Xシート エクストリームガングリップ(交換可能)
■タフテックα(ベイトモデル)
■ソフチューブトップ(スピニングモデル)
■左右専用スパイラルガイド(RIGHT:右回り、LEFT:左回り)
■大口径ガイド(B610M-S、B610MH-S)
■パーフェクションシートCI4+(スピニングモデル)
■2ピース(仕舞寸法140cm以下)
■ワン&ハーフ設計(S72MHを除く)
■センターカット2ピース(S72MH)

スパイラルX、ハイパワーX採用の新設計ブランクスは軽く強く、ブレを抑えてタイラバのキモである等速巻きが行いやすいとお客様から多数聞いています。

 

第1位 ダイワ 紅牙X

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥10,606(2021/09/25 19:18:32時点 Amazon調べ-詳細)
ブレーディングX搭載、クラスを超えた本格仕様のタイラバロッド

美しい姿形・絶品の食味・力強い引きと三拍子そろった海魚の王マダイ。我々を魅了してやまない特別な魚だからこそ、敬意を持って真っ向勝負に臨む。そんなダイワの思いが込められたマダイ専用シリーズ「紅牙」。

「紅牙X」は、全国的にますます盛り上がりを見せるタイラバゲームに最適な1本。柔軟で食い込み性能に優れたカーボンソリッド穂先に、目に見えないロッドのネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」を採用。30g程度から150g程度まで、さまざまなサイズのタイラバに対応する3アイテムをラインナップ。「車移動時やプレジャーボートでも簡単に持ち運びたい」、「ジギングやボートエギングと一緒にタイラバもしたい」と考えているアングラーの要望に応える持ち運びやすさ・手軽さ重視のセンターカット仕様。本格的にタイラバをはじめたいアングラーはもちろん、ジギングやボートエギングの合間に楽しむサブロッドとしてもおすすめ。

やはりコスパ!

紅牙シリーズの中でも1番お求めやすいXシリーズがだんとつの1位となりました。

コスパを追求しながらも、妥協してないスペック!

まさに入門モデルとしての最高峰って感じです。

なかでも 69HB 69MHB の2アイテムが人気です。

 

まとめ

タイラバで求められる調子は独特で、他の釣りとの兼用が難しいジャンル。

やはりタイラバ専用ロッドでの方が釣果もあがるので、ぜひ専用ロッドでチャレンジしてほしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました