【2024年】オモリグロッド人気おすすめランキング!

オモリグロッド人気 おすすめアイテム
記事内に広告が含まれています。

 

2024年5月に更新しました

山陰ではシロイカといわれる剣先(ケンサキ)イカを狙った船釣りが初夏から秋にかけて人気です。

イカメタルから最近では、オモリグで釣りをされる方が増えてきたように思います。

エギのスローフォールでの食わせが食い渋ったときには有効だということでしょう。

今回はオモリグ用ロッドの「売れ筋人気ランキング」を紹介します。

 

オモリグは【ベイト?】【スピニング?】

イカメタルはベイトタックルを推奨しますが、オモリグはベイトでもスピニングでもどちらでもできます。

とはいえ

メーカーさんからは「オモリグモデル」としての規格はスピニングで発売されているのを見ると

オモリグ=スピニング

というのが一般的なのでしょう。

オモリグの場合は灯りの向こうへキャストする場合が多いので、スピニングが使いやすくなります。

私は、店頭で聞かれたときには

イカメタルと兼用して使いたいならベイトタックル、オモリグ専用で使っていくならスピニング

とお勧めしています。参考にしてください。

2024 オモリグロッドおすすめランキング

 

このブログのランキングは、お店の販売数発売時期お客様の口コミなどを参考にした、釣り具店員である私が思うオリジナルランキングです。

対象者は「これから釣りを始めたい」「道具を少しステップアップしたい」と思っている初級者・中級者様です。

コスパも意識してランキングで紹介しています。参考にして頂ければ幸いです。

第1位 ダイワ エメラルダスMX IM(イカメタル)

ダイワ エメラルダスMX イカメタル

2024年4月にリニューアルされた超最新機種となります。

ハイコストパフォーマンスのド定番イカメタルロッド

ダイワさんのイカメタルロッドシリーズのラインナップでは、上から3番目のグレードになります。

ダイワ イカメタルラインナップ(上から順にハイグレード)
  1. エメラルダス EX イカメタル 
  2. エメラルダス AIR イカメタル
  3. エメラルダス MX イカメタル(2024年4月) ←これ
  4. エメラルダス X イカメタル

コスパ最強で初心者の方に自信をもっておすすめできる機種です。

実釣性能を誇るイカメタル・ベーシックロッド

N(乗せ)、K(掛け)、OR(オモリグ)3つのコンセプトで展開
レスポンスの向上を図る X45、軽快な操作性が売りのメガトップ穂先(見やすいオレンジ塗装)を採用。
ベイトモデルには軽量 ZERO₋SEATキャビティトリガー、スピニングモデルにはエアセンサーシートスリムフィット ダウンロック仕様。
まるでワンピース V-JOINT、軽量性とパワーを融合 HVFも搭載したロッド。

ダイワHP>>

規格は9アイテム

型式 スッテサイズ(g)/(号) S/B  
N60ULB-S・W 20-95/5-25 ベイト  
N65LB-S・W 30-115/8-30 ベイト  
K56ULB-S・W 20-95/5-25 ベイト  
K60LB-S・W 30-115/8-30 ベイト  
K60MLB-S・W 40-150/10-40 ベイト  
OR63MLB-S・W 40-150/10-40 ベイト  
OR63MLS-S・W 40-150/10-40 スピニング ←山陰オモリグおすすめ 
OR70MLS-S・W 40-150/10-40 スピニング ←山陰オモリグおすすめ 

今回はスピニングのオモリグロッドのおすすめなので、下2つの機種が対象となります。

長さは好みになりますが、リアル店舗では若干70の方が人気があります。

第2位 シマノ セフィアSS メタルスッテ 2024年

2024年4月にリリースされた、シマノさんの最新モデルです。

細分化されていくシロイカゲームに対応すべく、フルリニューアルされました。

特にオモリグ仕様でのR調子がラインナップ。

最新テクノロジーがふんだんに採用されています。

シマノHPはこちら>>

シマノさんのイカメタルシリーズの中でSSは以下の位置づけになります↓

シマノ イカメタルラインナップ(上から順にハイグレード)
  1. セフィア リミテッド メタルスッテ
  2. セフィア エクスチューン メタルスッテ
  3. セフィア XR メタルスッテ
  4. セフィア SS メタルスッテ(2024年4月発売) ←これ
  5. セフィア BB メタルスッテ

シマノ派のかたには1番におすすめできるアイテムです。

イカメタルならF調子(先調子)、オモリグならR調子(胴調子)を選択すると良いでしょう。

R-S610MH-S ←オモリグにはこの規格をおすすめします。

第3位 エメラルダスX IM(イカメタル)

ダイワ イカメタルX
ダイワ イカメタルX

ダイワさんのエントリーモデルXシリーズ

ほんとにどのシリーズもXシリーズは強いです。

「誘われたけど竿をもっていない!いきなり高額ロッドに手が出ない」っ方にドンピシャなんです。

ぶっちゃけ勧めやすく売りやすい。釣り具定員も思考停止してXシリーズを勧めておけばいいみたいな、ありがたいできなのです。

 

ダイワ イカメタルラインナップ(上から順にハイグレード)
  1. エメラルダス EX イカメタル 
  2. エメラルダス AIR イカメタル
  3. エメラルダス MX イカメタル(2024年4月)
  4. エメラルダス X イカメタル ←これ

 

規格は6アイテム

品名 スッテサイズ
(スッテサイズ/号数)
 
65XULB-S 10~75/3~20  
65ULB-S 20~95/5~25  
65LB-S 30~115/8~30  
65MLB-S 40~150/10~40 山陰オモリグにおすすめ
63ULS-S 20~95/5~25  
70MLS-S 40~150/10~40 山陰オモリグにおすすめ

規格は1位のイカメタルMXと同じで、オモリグ専用で使用するなら70MLS-Sのスピニングモデル。

1万円少しで手に入るオモリグロッドで、初心者のかたには超おすすめしやすいアイテムで、店員にとっても頼もしいアイテムです。

第4位 ダイワ エメラルダスAIR IM(イカメタル)

2023年発売モデル

「エメラルダス AIR IM」はとことん軽さを追求したモデル。その軽量性は大幅な感度の向上と疲れ知らずの操作性をもたらす、まさに「AIR」を感じるイカメタルロッドが完成。

ダイワ イカメタルラインナップ(上から順にハイグレード)
  1. エメラルダス EX イカメタル 
  2. エメラルダス AIR イカメタル ←これ
  3. エメラルダス MX イカメタル(2024年4月)
  4. エメラルダス X イカメタル

竿名からもわかるように「軽さ」にこだわったモデルです。

トップはあえてメタルトップではなく、ソリッドであるメガトップを採用!

オモリグスピニング用の規格は2規格(下2つ)

アイテム名 特徴
N65ULB-S イカメタルロッドのスタンダードであるレギュラーテーパーの「乗せ」を重視したモデル。
N65ULB-Sはパワー的にど真ん中よりも、少し柔らかめのロッドが好みのアングラーにぴったりのスタンダードモデル。超軽量でアタリ感知に直結する繊細さを備え、スッテをステイさせた時に出るわずかなアタリを待つ楽しみを存分に味わえる。
N65LB-S イカメタルロッドのスタンダードであるレギュラーテーパーの「乗せ」を重視したモデル。
N65LB-Sはレングス、調子、適合スッテサイズなども含め、最もオールマイティなモデル。超軽量でアタリ感知に直結する繊細さを備え、乗せモデル特有のしなやかさを存分に感じることができる。
K60LB-S 積極的に誘ってアタリを捉える「掛け」コンセプト
DAIWA委カメタルフィールドテスターの岩城透が黎明期から提唱してきた「掛け」コンセプトを「AIR」で展開。超軽量ブランクを生かし、積極的に操作して掛けるスタイルが好きなアングラーにとって外せない1本。
OR63MLB-S オモリグ&高重量イカメタルベイトモデル
超軽量ながら重量リグを扱う操作性や強度を保ち、繊細なティップでアタリを感じてしっかり掛けることが出来るモデル。通常のイカメタルモデルよりリアグリップを長めにしているので、30~40号クラスの高重量イカメタルやオモリグの際にも、脇でしっかり抱えて操作できる。またレングスも6.3ftに抑えているので、軽量で疲れ知らずに加え目感度も大きく向上している。
OR63MLS-S オモリグショートスピニングモデル
超軽量ながら重量リグを扱う操作性や強度を保ち、繊細なティップでアタリを感じてしっかり掛けることが出来るオモリグモデル。レングスは短めの6.3fに設定しているので、足場の低めの船や小型船でのキャストや、取り回しの良さが光るモデル。またショートレングスにより軽量で疲れ知らずに加え、目感度も大きく向上している。
OR70MLS-S オモリグスピニングモデル
超軽量ながら重量リグを扱う操作性や強度を保ち、繊細なティップでアタリを感じてしっかり掛けることが出来るオモリグモデル。レングスは標準的な7ftに設定しているので、足場の高めの船でもキャストしやすく、シャクリの調整幅も広いのでオールマイティに使えるモデル。

70が標準の長さになります。

足場の低い船、小型船ではとりまわしのきく、63がおすすめです。

釣りにおいて「軽さ」は正義!みたいなところがありますので、予算に余裕があれば1位と2位のグレードより少し高いですが、検討してみても良いモデルです。

 

第5位 ダイワ エメラルダスEX イカメタル

ダイワ エメラルダスEX
ダイワ エメラルダスEX

エメラルダスEXはイカメタルシリーズの最上位モデル

「軽さ」と「感度」を突き詰めたフラッグシップモデル!

2022年5月に発売されたばかりですが、好評につき店頭でも欠品が続いていたモデルです。

とにかく最高感度、最高スペックでシロイカゲームをやりたい!って方はこれ!

 

ダイワ イカメタルラインナップ(上から順にハイグレード)
  1. エメラルダス EX イカメタル←最上位モデル
  2. エメラルダス AIR イカメタル
  3. エメラルダス MX イカメタル
  4. エメラルダス X イカメタル

 

EXシリーズでは、規格としてオモリグ用が3つもラインナップされています。

オモリグ用としてベイトモデルもラインナップしていることからみても、全国的にオモリグ需要が高まっているからでしょう。

品名 スッテサイズ
(スッテサイズ/号数)
 
N65ULB-SMT 20~95/5~25  
N67LB TG 30~115/8~30  
N65ULS-SMT 20~95/5~25  
K60LB-SMT 30~115/8~30  
OR63MLB-SMT 40~150/10~40 オモリグベイトモデル
OR63MLS-SMTT 40~150/10~40 オモリグスピニング
OR70MLS-SMTT 40~150/10~40 オモリグスピニング

山陰エリアでは断然、スピニングモデルのOR70MLS-SMTT

イカメタルとの兼用で使いたいならOR63MLB-SMTが人気です。

第6位 メジャークラフト クロステージ

三代目クロステージでようやくスピニングオモリグ専用規格が発売され、価格もてごろでかなり売れたアイテムです。

鉛スッテ オモリグモデル登場!

山陰地区のイカメタルゲームで主流となり、今や各地で楽しむアングラーが増えたイカメタルの中オモリ仕掛け、いわゆる“オモリグ”に特化したこのモデルは、30号までの中オモリ仕掛けにオススメです。
今まで気付かなかった小さなアタリでもティップの動きで感知する、専用設計のレギュラーテーパーアクションが特徴。
ワンピッチアクションからリフト&フォールといった殆どの誘いでも、操作性抜群の7ftセッティング。バットからベリーが強くてソリッドティップの穂先だけ曲がる従来のアクションでは、気付かなかったアタリが分かるようになるでしょう。もちろん、通常のイカメタル仕掛けにも対応しています。

メジャークラフト公式より

まとめ

イカメタルの中でも山陰オモリグでのお勧めの規格を紹介しました。

ダイワさんが優勢のなか、2位に食い込んだシマノさんのSSは、シマノファンの方にとってはおすすめです。

なぜかこのジャンルのロッドはダイワがシマノを大きく突き放してしまってるのですよね。

参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました