PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

要チェックや!

ビットコイン爆上がり中!

今なら暗号通貨取引所への無料登録だけで、暗号通貨をもらえます。

 

 

【2024/最新版】バケットマウス完全解説!カスタムパーツ全て紹介!

おすすめアイテム
この記事は約29分で読めます。

この記事は2024年4月に更新されています

釣り人の楽しみの1つである釣り道具の収納

その代表的存在である、メイホウのバケットマウスシリーズ!

たくさん種類がありすぎて、わけわからない

という方の為に、今回はメイホウのバケットマウスシリーズを紹介します。

カスタムパーツも全て紹介します。メイホウさん以外が出しているカスタムパーツも紹介しています!

この記事を読めば、バケットマウスとランガンシステムボックスの違い!カスタムパーツの全てが理解できるでしょう!

要チェックや!

ビットコイン爆上がり中!

今なら暗号通貨取引所への無料登録だけで、暗号通貨をもらえます。

 

  1. メイホウ バケットマウスとは?
  2. メイホウ ランガンシステムボックスとバケットマウスの違いは?
  3. バケットマウスのサイズは6種類のみ。
    1. バケットマウス BM-9000
    2. バケットマウス BM-7000
    3. バケットマウス BM-5000
    4. ランガンシステムケース VS-7080
    5. ランガンシステムケース VS-7070
      1. VS-7080とVS-7070の違い
    6. ランガンシステムケース VS-7050
  4. Nシリーズとは?
    1. ランガンシステムケースNシリーズとは?個人的には絶対Nシリーズの方が良いと思います!
    2. Nシリーズ VS-7090N VS-7095Nにはリフトアップシステムを搭載
  5. 2024年4月から順次 Nシリーズにブラックが登場
  6. 【完全版】メイホウ バケットマウス カスタムパーツ
    1. 販売数No1 ロッドスタンド
      1. 穴径35㎜と45㎜のサイズ!どっちがおすすめ?比較してみた
    2. マルチホルダー BM-30 BM-25
    3. リーダークリップ NEW
    4. ハードドリンクホルダーBM
    5. オリコンドリンクホルダーBM NEW
    6. トレイ BM-L BM-S
    7. マルチハンガーBM
    8. ルアーホルダーBM
    9. サイドポケットBM-120
    10. バケットマウス用クッション【プレミアムシートクッションBM】
    11. パーツケース BM-100 (バケットマウス用くず入れ)
    12. ストッカーBM 3010、3010D、3020、3020D
    13. インナーストッカー シリーズ 完全解説
      1. 防水ストッカー
      2. インナーストッカー BM Lサイズ 3アイテム
      3. インナーストッカーBM Sサイズ 4アイテム
    14. マルチボードBM
    15. マルチクリップBM
    16. ベイトボックス(エサ箱) プラとEVA製の2種類
  7. バケットマウスのすごいとこは、拡張性だけでなく、計算された他ボックスとの相性
  8. バケットマウス ランガンシステムボックスの収納例 
  9. その他社外品のおすすめカスタムパーツ
    1. ハピソン バケットマウスライトYF-9100
    2. タカ産業 バケットサイドホルダー
    3. タカ産業 ランガンVS.BOXライト
    4. ダイワ TBマグネット
  10. まとめ
    1. メイホー タックルBOXシステム収納コンテスト
  11. この記事で紹介した商品の購入はこちら

メイホウ バケットマウスとは?

出典 メイホー

メイホウから発売されている多機能フィッシングボックスです。

ロッドスタンド(竿受け)やドリンクホルダーなど、いろいろなカスタムパーツを、機能的に取り付けることができる拡張型のボックスです。

類似商品に、リングスターから発売されている【ドカット】という商品があります👇

出典 リングスター

ドカットはもともと、工具入れとして発売されていました。

座る事もでき、釣りに便利すぎるという事で、売れに売れました!

このドカットを釣りにさらに特化して、カスタムパーツを簡単に取り付けれるようにしたのが、バケットマウスという印象です。

実際、近年ではドカットよりもバケットマウスの売れ数が上回りました

 

freebitcoin無料でビットコインがもらえるの知ってる?急げ>>

 

メイホウ ランガンシステムボックスとバケットマウスの違いは?

ランガンシステムボックスとは?

メイホーの中に「バーサス」というブランドがあります。

その「バーサス」から発売されているバケットマウスの小さい版だと思ってください。

バケットマウスとランガンシステムボックスの違いはずばり大きさです。

ランガンシステムボックスは、その名のとおり、ランガンをするスタイルに最適なサイズとなります。

ブラックバス、メバリング、アジング、などの、場所移動を繰り返す釣りでおすすめです。

大阪インテックスにて
大阪インテックスにて

カスタムパーツは、バケットマウスと共通です。

今回の記事ではこのランガンシステムボックスも、バケットマウスのシリーズとして紹介していきます。

 

バケットマウスのサイズは6種類のみ。

たくさん種類がでていますが、バケットマウス(ランガンシステムボックス含む)には6種類の大きさがあります。

大きさ順に並べて表にしました。

この画像はリンク付きでの転載を許可します

※Nシリーズについては詳しく後述します

他にたくさんあるように思えますが・・

  • 限定色
  • Nシリーズ
  • 他メーカーのOEM商品

いずれも、上記6サイズのいずれかになります。

ではカラーラインナップなど1アイテムづつみていきましょう。

要チェックや!

ビットコイン爆上がり中!

今なら暗号通貨取引所への無料登録だけで、暗号通貨をもらえます。

 

バケットマウス BM-9000

出典 メイホー

定番はブラックとレッドの2色がラインナップ。

徹底的に強度設計を施すことで、波止や堤防、ボートの上などで椅子代わりに座ることができ、踏み台としても使用できる、大容量”35ℓ”のハードボックス。両面開きのフタは、水しぶきなどが浸入しにくい工夫を施し、ワンタッチバックルや、スライド式インナートレーなど、充実の機能を実装。

出典 メイホー

1番大きいサイズで、船釣りに持って行かれる方が多いです。

また車に収納用として設置し、この中から使用するタックルだけを、もっと小さなボックスに入れていくといった、基地的な使いかたもOK!

 

freebitcoin無料でビットコインがもらえるの知ってる?急げ>>

 

バケットマウス BM-7000

メイホウ(MEIHO)
¥3,318 (2024/04/18 08:01時点 | Amazon調べ)

定番はブラックとブルーの2色がラインナップ

BM-9000の機能性・耐久性はそのままに、持ち運びやすい小ぶりなサイズで設計しました。小さくなっても容量28ℓと余裕の収納力は健在です。船上など限られたスペースでも扱いやすいよう蓋を開けたときに90°で止まる直角ストッパーを採用するなどあらゆるフィッシングシーンでアングラーを満足させます。

出典 メイホー

2番目に大きいサイズ。船釣りに持っていくサイズとして最適です。

 

バケットマウス BM-5000

定番色はブラックとオレンジの2色がラインナップ。

座れる収納BOXとして定着したハードボックス「バケットマウス」のシリーズ最少サイズ。強度と収納力、機能性が凝縮されたコンパクトサイズのバケットマウス。ドリンクホルダーなど、別売のオプションパーツを実装することも可能。あらゆるシチュエーションにフィットするサイズ感です。

出典 メイホー

船釣りでも良し!陸釣りにもGOOD!

以上がバケットマウス3つの大きさのカラーラインナップです。

ランガンシステムケース VS-7080

出典 メイホー
メイホウ(MEIHO)
¥3,365 (2024/04/18 08:02時点 | Amazon調べ)

座れるランガンシステムボックス!!

機動力のあるサイズ感に、バケットマウス譲りのタフネスを併せ持つ進化形ボックス。

バケットマウスBM-5000よりも一回り小さいサイズ感は、タイラバやイカメタルなどライトなオフショアから陸っぱりのあらゆる釣りにマッチします。多目的ホルダーへオプションパーツが装着可能なことに加え、インナートレーをそのまま多目的ホルダーへ装着が可能。使用したルアーや、使用頻度の高い小物を置いておくのに最適です。

出典 メイホー

シリーズの中で1番売れているサイズです!

 

 

◆ウインチケット!千鳥の「アリかも競輪祭4月26日まで」招待クジ1等最大7000円の増額!やらなきゃ損レベル>>

 

ランガンシステムケース VS-7070

メイホウ(MEIHO)
¥3,773 (2024/04/18 08:01時点 | Amazon調べ)

VS-7070の特徴は、上蓋をオープンにした時、ハンドルが足となり、上蓋自体が作業台となります。

ここでルアーの交換やフックの交換をします。

陸っぱりバサー必見、機動力抜群の“ランガン システムBOX”。

持ち運びやすいサイズ感、それに加えて計算しつくされた収納スペース。

さらに、上段がトレースタンドに早変わりするなど、バスフィッシングのみならず、エリアでも重宝すること間違いなし!

出典 メイホー

バーサスウェーブというブランドから色違いも発売されています。

メイホー VW-2070

VS-7070と色が違うだけになります。

VS-7080とVS-7070の違い

 

大きさの表をみると、VS7070とVS7080はどっちも15Lで同じ容量だけど、なにが違うの?

 

VS7070とVS7080を写真で比較してみましょう

 

↑高さはほぼ同じですね。横幅がVS-7070の方が少し長いです。

この画像はリンク付きの転載のみ許可します

VS-7070は横長のぶん、奥行きがせまい。

VS-7080はでっぷりとした感じです。

↑フタを広げた状態です。この写真が1番違いがわかりやすいですね。

VS-7070はフタが作業台になります。

ジグヘッドとワームのセッティングや、ルアー交換などで重宝します。

VS-7080は中に付属されているトレーを外に装着して簡易的な物置にできます。

比較をしてみましたが、まぁぶっちゃけ大した違いはありません。

ご自分の釣りを想像してみて

「作業台があった方が良いのか?」

「好きなデザインはどっちなのか?」

くらいな感じで選べばよいでしょう。

 

ランガンシステムケース VS-7050

出典 メイホー
メイホウ(MEIHO)
¥3,003 (2024/04/18 08:02時点 | Amazon調べ)

シリーズの中で1番小さいサイズです。

陸っぱりバサー必見、機動力抜群の“ランガン システムBOX”。

持ち運びやすいサイズ感、それに加えて計算しつくされた収納スペース。

さらに、上段がトレースタンドに早変わりするなど、バスフィッシングのみならず、エリアでも重宝すること間違いなし!

出典 メイホー

こちらも、VS-7070と同じく、上蓋が作業台となります。

バーサスウェーブから色違いが発売されています。

シリーズの中で1番サイズの小さいものになります。主にアジングやメバリングなどのルアーフィッシングで使いやすいサイズとなります。

以上が、バケットマウス、ランガンシステムケースの6サイズになります。

要チェックや!

ビットコイン爆上がり中!

今なら暗号通貨取引所への無料登録だけで、暗号通貨をもらえます。

 

Nシリーズとは?

上記の基本の型に、ハンドルロックを搭載したNシリーズがラインナップに加わりました。

まずは、ランガンシステムケースの3アイテムにランナップされました。

2021年にはBM-5000と同サイズのVS-7090N

2023年1月にはBM-7000と同サイズのVS-7095N

がラインナップされました。

おそらくですが、BM-9000と同サイズのNシリーズもいずれ発売されそうですね。

 

従来のバケットマウス(ランガンシステムケース)に、ハンドルロック付きのNシリーズがどんどん追加されていってるってことですね

表にすると以下のようになります。

バケットマウス全サイズ
この画像はリンク付きでの転載を許可します

ランガンシステムケースNシリーズとは?個人的には絶対Nシリーズの方が良いと思います!

2020年にランガンシステムシリーズ3種類にNシリーズがランナップされました。

メイホー VS-7080N
メイホウ(MEIHO)
¥4,007 (2024/04/18 08:02時点 | Amazon調べ)
メイホウ(MEIHO)
¥4,010 (2024/04/16 08:58時点 | Amazon調べ)
メイホウ(MEIHO)
¥3,068 (2024/04/18 08:02時点 | Amazon調べ)

座れる!ランガンシステムBOX「VS-7080」にハンドルストッパー機能を搭載した「VS-7080N」。収納物や装着しているオプションパーツによっては、持ち運ぶ際にバランスが崩れることもあったが、ハンドルストッパー機能を使用すると、バランスを崩さず安心して持ち運ぶことが可能です。

出典 メイホー

違いはハンドルストッパーがついているかどうか

カスタムパーツをつけていくと、バランスが崩れることがあります。

特にロッドホルダーにロッドを立てた時、重心がくずれフラフラします。

ロッドが外側に傾いたりすると何かに引っかかって竿を破損する事もありますよね。

そこでVS-7080、VS-7070、VS-7050それぞれに、ハンドルストッパーが付いたNシリーズが発売されたというわけ。

もちろんカスタムパーツは全て共通ですので、安心してください。

小売定価が400円ほど高いだけですので、色さえ不満なければこちらのシリーズが買いですね。お店での接客時はNシリーズを勧めています。

そして、上記でも紹介しましたが、バケットマウスのサイズにもNシリーズがラインナップしています。

Nシリーズ VS-7090N VS-7095Nにはリフトアップシステムを搭載

Nシリーズの特徴は、ハンドルロックがついている!ということですが、VS-7090N、VS-7095Nにはさらに「リフトアップシステム」が搭載されています。

 

下段に収納しているものを瞬時に取り出せる工夫です。

大型のNシリーズにのみ搭載されている、細やかな工夫が素敵ですね。

 

freebitcoin無料でビットコインがもらえるの知ってる?急げ>>

 

2024年4月から順次 Nシリーズにブラックが登場

2024年4がちゅからハンドルロックがついたNシリーズに、ブラックが順次追加されていきます。

そして、Nシリーズではない従来のブラックは在庫限りで廃盤となっていきます。

つまり

メイホーのバケットマウスシリーズは全てNシリーズ(ハンドルロック付き)に、移行していきます。

【完全版】メイホウ バケットマウス カスタムパーツ

バケットマウスシリーズのうり

  • 拡張性の高さ
  • 他ボックスとの相性の良さ

です。

オリジナルのボックス組み合わせを楽しむ事ができます。自分なりのカスタムを楽しんでください。

 

販売数No1 ロッドスタンド

ボックスのサイドや、対応カスタムパーツに装着する事ができるロッドスタンドです。

スペアロッドをセッティングしておいたり、ルアーや仕掛けの交換時に、スタンドにロッドをたてたりできます。

ランガンシステムでは、その名の通りスタンドにロッドをたてたまま移動ができ、手があくので重宝します。

バケットマウスのカスタムパーツのなかで、この竿受けが1番売れています。

ただ、種類が多いパーツですので深堀りして紹介します。

2024年4月時、7アイテム発売されています。特徴をまとめたのが以下の表になります。

型番 BM-3500 BM-280 BM-230N BM-300Light BM-250Light BM-290スライド BM-240スライド
穴系 45㎜ 45㎜ 35㎜ 45㎜ 35㎜ 45㎜ 35㎜
取り付け ビス ビス ビス ビス不要 ビス不要 ビス不要 ビス不要
拡張性      
おすすめ × ×

※BM-290スライドは2024年3月下旬発売です。

種類が多いから選びにくいな~

と思いましたよね?

そんな方に、結論から言います。

ねずみ色にぬった機種は候補からはずしてください。

なぜなら

  • 後発組の「BM-300Light」「 BM-250Light」がそれぞれの後継機種だからです。
    • マルチホルダーが取り付け可能(BM-240は不可)でカスタムできる
    • ビス不要で取り付け可能
    • 新色が追加されている

つまり、今後追加されていくカスタムパーツは、古い機種にはつかないのです。

迷うだけなので、紹介アイテムからも削除しておきます👇

 

BM-300Light BM-250Light

赤・青・オレンジ・黒・クリアの5色がランナップ。

BM-300Light
BM-250Light
2022年12月にクリアが追加されました

 

下の写真のように、本体だけでなくサイドポケットに取り付けることもできます👇

サオドポケットBM-120に装着した例

◆カスタムポイント

  • マルチホルダーを装着することにより、さらにカスタムパーツを取り付けられる事になった
ロッドスタンド+マルチホルダー
ロッドスタンド+マルチホルダー+パーツケース

スライドタイプの特徴

2023年4月に新登場したBM-240スライド(穴径35㎜)

2024年3月下旬には、穴径45㎜のBM-290スライドも発売されました。

前傾姿勢でおじぎするスライド仕様

ルアーや仕掛けの交換時、直立姿勢とくらべて格段に竿先にラインが絡みにくくなります。

画期的なアイデアで、今後スタンダードになるかもしれません。

マルチホルダーは装着できませんが、側面に他カスタムパーツが装着できるようになっているので、拡張性もあります。

こちらはレビュー記事もあるのでごらんください。

明邦(Meiho)
¥2,810 (2024/04/18 13:44時点 | Amazon調べ)

 

穴径35㎜と45㎜のサイズ!どっちがおすすめ?比較してみた

穴径が35㎜と45㎜の2種類あるけど、どっちを買えばいいの?

このような悩みを解決します。

結論からいうと

収納するロッドが

  • ワンピースロッド(バスロッド)→穴径35㎜
  • ロッドエンドが短いアジングやトラウトロッド→穴径35㎜

 

👆これ以外は全て穴径45㎜がおすすめです。

その理由をお伝えします。

 

◆250と300の違いは内径

型番 BM-300Light(BM-290スライド) BM-250Light(BM-240スライド)
穴系 45㎜ 35㎜

👆内径が違うので、どんなロッドを収納したいかによって最適なサイズが変わります。

ぶっちゃけちゃうと、ほとんどのロッドが35㎜の穴径にはいります。

バスロッド、メバリングロッド、エギングロッドなどの陸っぱりからの釣りに使用するルアーロッドは、ほとんど35㎜の穴径ではいります。

船で使用するタイラバロッド、ジギングロッドなども、ほとんど入ります。

しかし、2ピースで持ち運びする時は35㎜の穴径ではかなりキツくなるのです。

 

◆エギングロッドの場合

👆BM-300Lightには余裕をもってはいります。

 

👆かろうじてはいりました。

しかしロッドベルトを巻いてる状態ではもうはいりません👇

移動時にはロッドをささずに、釣りをしているときにだけ簡易的な立てかけ場所として使用するなら、BM-250Lightで良いです。

しかし、移動時にロッドを収納したい場合2ピースにすることが多いので、BM-300Lightではないとキツキツになります。

 

ショアジグロッドの場合

👆キツキツどころか2ピースにすると、はいりません。

 

ランディングネットやタモ枠の場合

👆1本でも、はいりません。

 

このような感じで「大は小を兼ねる」でBM-300Lightの方がいろいろと使い勝手が良いのです。

では、BM-250Lightの方が良い場合とは?

 

アジングロッド(トラウト)のような、グリップが短い場合

👆リールフットで引っかかってるのですが、グリップが少ししかないので安定性が悪いです。

この手のロッドはBM-250Lightの方が良さそうです。

 

もう一度結論をまとめると・・

  • 釣りの最中、簡易的な置き場として使用→穴径35㎜でOK
  • ワンピースロッド、グリップが短いタイプ→穴径35㎜でOK

 

👆上記以外では穴径45㎜を選んでおけば問題なし

おすすめは、移動時も使えるBM-300Lightと、釣り場でさっと置くことができるBM-250LightもしくはスライドタイプのBM-240複数装備

ロッドの本数によっては、3つ、4つ装着するのもあり

 

freebitcoin無料でビットコインがもらえるの知ってる?急げ>>

 

マルチホルダー BM-30 BM-25

マルチホルダー
マルチホルダー+パーツケース
マルチホルダー+ストッカーBM
マルチホルダー+トレイ

このパーツは、ロッドスタンドに装着することにより、他のパーツを取り付ける事を可能にします。

正面と左右、計3つパーツを増やす事ができます(組み合わせによります)

2アイテムでていますが、ロッドスタンドBM-300Light、BM-250Lightそれぞれ専用のサイズとなります。

・マルチホルダーBM-30→ ロッドスタンドBM-300Light 専用
・マルチホルダーBM-25→ ロッドスタンドBM-250Light 専用

 

要チェックや!

ビットコイン爆上がり中!

今なら暗号通貨取引所への無料登録だけで、暗号通貨をもらえます。

 

リーダークリップ NEW

明邦(Meiho)
¥1,021 (2024/04/18 08:01時点 | Amazon調べ)
明邦(Meiho)
¥819 (2024/04/16 08:58時点 | Amazon調べ)

 

クリップ状になっている本体がリーダーのスプールをホールドします。

よく使うリーダーをホールドしておくと便利そうです。

サイズは2種類あり、スプールの多きさに応じて選んでください。ポケットサイズのスプールならSでOKです。

Sサイズはカラビナを付けて、バックやベストに装着する使い方もできます。

装着可能商品
6サイズ全てのBOX+マルチホルダー

 

freebitcoin無料でビットコインがもらえるの知ってる?急げ>>

 

ハードドリンクホルダーBM

500㎜のペットボトルを置いておくのに最適なサイズ。これは意外と便利で良く売れています。

装着可能商品
6サイズ全てのBOX+マルチホルダー

オリコンドリンクホルダーBM NEW

折りたたむことができるドリンクホルダー!

使用しない時はたたんでスペースを確保

スペースの少ない船上などでは重宝するかもしれません。

またドリンクだけでなく、小物やジグなどをひっかけて、簡易的なホルダーとしても使う事ができます。

 

トレイ BM-L BM-S

マルチホルダー
マルチホルダー+トレイS

釣り場で使用頻度の高い小物やルアーを簡易的においておくことができるトレイ。

LとSの2サイズ発売されています。

移動の時などは邪魔にならないよう、縦にセットすることもできます。

またそれぞれインナートレイとしても使用可能で、現場以外ではボックス内でインナートレイとして活躍します。

装着可能商品
BMーL 6サイズ全てのボックス。またBM-5000とBM-7080にはインナートレイとしてジャストフィットします。

BMーS 6サイズ全てのボックス+マルチホルダー

マルチハンガーBM

¥1,584 (2023/03/28 10:10:21時点 | 楽天市場調べ)

使用頻度の高いプライヤーやハサミを掛けておくことで、釣り場での作業がスムーズに行えます。ルアーやジグも良く使うものはかけておき、素早いローテーションを可能にします。

装着可能商品
6サイズ全てのボックス。

ルアーホルダーBM

メイホウ(MEIHO)
¥455 (2024/04/18 08:01時点 | Amazon調べ)

セットされたルアーやジグが振動で暴れないように、簡易的に収納しておけるホルダー。

船の移動中、振動でルアーが暴れて竿を破損したって方、何人もしってますからね。

フックがついているので、バケットマウスシリーズだけでなく、船べりにセットしてあるロッドスタンドにも取り付けることができます。

装着可能商品
6サイズ全てのボックス
マルチホルダーBM
サイドポケットBM

フックを利用すれば、他にもいろいろ装着可能

サイドポケットBM-120

¥3,373 (2023/03/28 12:27:45時点 | 楽天市場調べ)

バケットマウスシリーズやランガンシステムBOXシリーズの多目的ホルダーへ簡単に装着が可能。

可変仕切板を6枚付属しているので、レイアウトは自由自在。すぐに取り出したいアイテムを入れておくと便利。

仕切板をとれば、メイホーの3010シリーズ2個がジャストサイズで収納可能。

サイドポケット側面に、ロッドスタンドやドリンクホルダーなどを取り付ける事が可能で、さらに拡張することができます。

装着可能商品
6サイズ全てのボックス。

バケットマウス用クッション【プレミアムシートクッションBM】

メイホウ(MEIHO)
¥1,546 (2024/04/18 08:02時点 | Amazon調べ)

長時間座ることが多くなる釣り場において、少しでも疲れを軽減したいときに便利なシートクッション。座れる収納“バケットマウスシリーズ”の蓋に装着できるズレ防止の脱着テープ付きなので、クッションを使用したまま蓋の開閉が可能です。

やっぱり長時間座っているとき、このクッションがあるかないかで疲れ方が変わってきます。バケットマウスにはクッションが必要ですよ~

要チェックや!

ビットコイン爆上がり中!

今なら暗号通貨取引所への無料登録だけで、暗号通貨をもらえます。

 

パーツケース BM-100 (バケットマウス用くず入れ)

メイホウ(MEIHO)
¥267 (2024/04/18 08:02時点 | Amazon調べ)

バケットマウスやハードマスターに装着可能なオプションパーツ。
ダストボックスや小物入れとしての使用に便利。
内部が見えやすく、耐衝撃に優れた特殊ブレンドポリマーを採用。
背面にはカラビナホールを搭載しているのであらゆる箇所への取付けが可能。

小物いれに使ってもいいですが、くず入れに使っている方がおおいですね。針や糸くずをボックスの中にそのまま入れるのは抵抗あるし・・もちろんポイ捨ては絶対にだめですよ。

ストッカーBM 3010、3010D、3020、3020D

メイホウ(MEIHO)
¥848 (2024/04/18 08:01時点 | Amazon調べ)

メタルジグやハードルアー、エギなどを仕切り毎に立てて収納が可能。
内寸高さが106mmと低めに設定しているので、メタルスッテなどの収納にも最適。
ルアーだけでなく、ワームや仕掛けをパッケージのまま収納することで、スッキリ整理ができ、手返しもスムーズなので、時合いを逃しません。

バケットマウスシリーズ、ランガンBOXシリーズの多目的ホルダーや、マルチホルダーBM-25、30への装着が可能。

ストッカー同士を連結させる、ジョイントシステムを採用しているので、ボックス内での安定性に優れ、インナーケースとしての性能も十分発揮し、水抜きダクト採用なので使用後は丸洗いが可能です。

収納から実釣に至るまで、手放せないオプションパーツです

出典 メイホー

本体やマルチホルダーに取り付け可能。3010と3020サイズのが発売されているので、ボックス内でもジャストフィットで収納できます。

型番にDがつくのは、深溝タイプとなります。

装着可能商品
6サイズ全てのボックス+マルチホルダーBM
 

 

インナーストッカー シリーズ 完全解説

インナーストッカーとは、ジグやエギなどを立てて収納できるBOXです。

  • バケットマウスにジャストフィットしてる
  • 取り出して単独で使う事ができる
  • 釣行後はそのまま水をぶっかけてルアーやエギを洗う事ができる

↑このような特徴があります。

特に取り出して単独で使えることが、狭い船上の上で重宝します。

しかしラインナップがたくさんあり、なにがなんだかわからないって方も多いのではないでしょうか?

どのボックスに、どのインナーストッカーがジャストフィットするのかわからない

私も販売員としてこんがらがってきました

そこで、インナーストッカーについてまとめてみました。

なお、防水ストッカーBM-185もいっしょに紹介します。

◆インナーストッカー対応表(インナーストッカーの画像はちがいます)

  バケットマウス ランガンシステムボックス
型番 BM-9000 BM-7000 BM-5000 VS-7080 VS-7070 VS-7050
Nシリーズ VS-7095N VS-7090N VS-7080N VS-7070N VS-7050N
容量 35L 28L 20L 15L 15L 8L
防水ストッカー
BM-185
防水ストッカーBM-185 
縦に2つ
縦に2つ 
 
横に1つ
×
 インナーストッカー
BM-L
インナーストッカーL
縦に2つ
 
 縦に2つ
横に1つ
 
×
 インナーストッカー
BM-12L
インナーストッカーL
縦に2つ
 
縦に2つ
 
× ×
 インナーストッカー
BM-51L
BM-51L
縦に2つ
縦に2つ
× ×
インナーストッカー
BM-S
インナーストッカーBM-S
縦に2つ
インナーストッカーBM-S
横に1つ
インナーストッカー収納
スッポリ
インナーストッカーBM-S
 スクイッドストッカー
BM-S
スクイッドストッカーBM-S
縦に2つ

横に1つ
7080にはいるインナーストッカー
 
横に1つ
スクイッドストッカーBM-S
スッポリ
インナーストッカーBM-S
 インナーストッカー
BM-35S
BM-35S
 縦に2つ
横に1つ
7080にはいるインナーストッカー
横に1つ
スッポリ
インナーストッカーBM-S
 インナーストッカー
BM-20S
BM-20S
縦に2つ
横に1つ
7080にはいるインナーストッカー 
横に1つ
×

▲・・はいりますがジャストフィットはしていません。

防水ストッカー

バケットマウスにきっちり収納できる小型の独立BOX。

防水仕様でフタ付きだから、船上で波しぶきから収納してるものを守ります。

メイホウ(MEIHO)
¥2,163 (2024/04/16 08:58時点 | Amazon調べ)

インナーストッカー BM Lサイズ 3アイテム

インナーストッカーLサイズは3アイテムあります。

マス目の大きさや高さが違います。

用途にあったものをお選びください。

メイホウ(MEIHO)
¥1,968 (2024/04/18 07:16時点 | Amazon調べ)