【2024年】山陰シロイカ!オモリグ用SPリール!おすすめ人気ランキング!

山陰オモリグリール おすすめアイテム
記事内に広告が含まれています。

 

この記事は2024年7月に更新しました

ここ数年、人気急上昇のシロイカゲーム。

シロイカゲームは近年

イカメタルからオモリグへと移行される方が増えました。

比率でいうと6:4でオモリグのほうが増えてきた印象です。

店頭でも「どちらが良いの?」と聞かれることが多いですが

活性が高いときには手返しが早くダブル・トリプルで捕れるイカメタルが有利!食い渋ったときには、エギのスローフォールが効いてくるのでオモリグが有効

このように答えています。

結論、余裕があれば2タックル準備するのが一番良いと思います。

この記事では、以下の内容を紹介します。

このブログで紹介する内容
  • 山陰オモリグで使用するリールの選び方
  • 山陰オモリグ 釣具店員がおすすめするリール5選

山陰オモリグリール 選び方

山陰エリアでのオモリグにおすすめのリールの、形状とサイズの選び方をおすすめします。

スピニングリールORベイトリール?

結論からいうとスピニングリールがおすすめです。

漁火の明かりの明暗部分にキャストして広範囲に攻めることができるのが、オモリグのメリットでもあるからです。キャスト前提で考えるならスピニングリールが有利です。

キャストをせず、船の真下でオモリグをすることもできなくはありません。

実際、各メーカーさん、ロッドのラインナップの中にベイトモデルのオモリグ対応機種があります。

しかし、ベイトリールはキャスト時に飛距離をだしにくい

バックラッシュなどのトラブルがあるので、おすすめはスピニングリールになります。

オモリグリールに適しているのは?
  • スピニングリール→ベスト
  • ベイトリール→できなくはない

ですので、この記事ではスピニングリールのおすすめを紹介していきます。

リールのサイズ感 パワーハンドルがおすすめです

つぎは気になるリールの大きさです。

結論からいうと

3000番以上+パワーハンドル
SWタイプの大型もありです

山陰エリアのオモリグでは、PEライン0.6号or0.8号が200mあればOKです。

近年、山陰の遊漁船の中にはPEライン0.6号を指定してくるところも増えてきました。
今後、PEライン0.6号がスタンダードになっていくのかもしれません。

PE0.8号-200m巻けるリールといえば、シマノならC3000ダイワなら2500サイズになります。

エギングでよく使われるサイズで、使えないわけではありませんが

山陰エリアでは水深90m以上のポイントもあり、30号以上のオモリを使う場合は、かなり非力に感じるはずです。

エギングリールを流用するなら、せめてハンドルをパワーハンドルにしたほうが良いでしょう。

エギングリールの2500番(C3000)サイズは少し非力

私のおすすめは、3000番+パワーハンドルです。

ダブルハンドルではかなりしんどいですよ

また自重は若干重たくなりますがSWタイプ(大型リール)を使用する人も増えてきました。

SWタイプもだいぶ軽量化されてきましたし、なにより巻き上げ力が強い。

深場で釣りをする場合は特に、自重よりも巻き上げ力重視もアリな考え方になります。

オモリグ用おすすめスピニングリール
  • 2500番(C3000)だと少し非力→できなくはない
  • 3000番以上+パワーハンドル→おすすめ
  • SW4000以上→巻き上げ力を重視するならアリ

以上をふまえておすすめランキングを発表します。

オモリグ用リール!おすすめ人気ランキング!

山陰エリアでのオモリグ用リールのランキングです。

 

このブログのランキングは、お店の販売数発売時期お客様の口コミなどを参考にした、釣り具店員である私が思うオリジナルランキングです。

対象者は「これから釣りを始めたい」「道具を少しステップアップしたい」と思っている初級者・中級者様です。

コスパも意識してランキングで紹介しています。参考にして頂ければ幸いです。

第1位 シマノ 23ストラディック

\型番はリンク先で選択してね/
\いっしょにノブも良く見られています/

★シマノ汎用リール上から高スペック)

ステラ 最高峰リール  
ツインパワー 24最新モデル ←4位 
ヴァンキッシュ 23モデル  
ヴァンフォード そろそろ型が変わる  
ストラディック 23モデル ←1位
アルテグラ 21モデル  
ミラベル 22モデル  
ナスキー 21モデル  

23年秋冬モデルの最新機種「ストラディック」

うたい文句は

「ステラの5つの機能のうち4つも入れちゃいました」

最高フルスペックモデル「ステラ」までは手がでないけど

信頼できるコスパ最高の機種を探しているひとにピッタリなモデル

シマノ公式サイトで機能をみてみる>>

私のオモリグでおすすめの型番は

  • 3000MHG

2500ボディーよりも1つ大きくパワフル!

4000よりも、当然軽いのでバランスが良いと思っています。

実際、3000MHGを使っているかたが1番多い印象です。

第2位 24セルテート

サイズはリンク先で選んでください

★ダイワ汎用リール (上から高スペック)

イグジスト 最高峰 22モデル  
エアリティー 23モデル  
セルテート 24最新モデル ←2位
ルビアス 24モデル登場予定  
カルディア 21モデル  
フリームス 21モデル  
レガリス 23モデル ←5位

セルテートといえば、不安を感じさせない確かな剛性が最大の特徴。

山陰でのオモリグは深場(90mライン)を攻めることもしばしば。

そんなタフな状況で求められる剛性力といえば、やはりセルテートになるでしょう。

ダイワ公式サイトで機能を確認する>>

第3位 カルディアSW

\大型リールの部類のSWですが、軽いです/

3位には汎用リールではなく大型リールからエントリー

カルディアSWです。

フルメタルモノコックボディーでひずみを排除。

パワフルな巻き上げが可能になりました。

ぜひダイワ公式ページ「やばさ」を確認してください。

気になる自重も290g大型リールの中では軽量化に成功しています。

山陰のシロイカオモリグ釣法では、ハイスペックすぎることはありません。

最初からパワーハンドルノブが採用されているのもGOODです。

第4位 シマノ 24ツインパワー

\あの名機が24年リニューアル/

★シマノ汎用リール上から高スペック)

ステラ 最高峰リール  
ツインパワー 24最新モデル ←4位 
ブァンキッシュ 23モデル  
ヴァンフォード そろそろ型が変わる  
ストラディック 23モデル ←2位
アルテグラ 21モデル  
ミラベル 22モデル  
ナスキー 21モデル  

シマノ汎用リールNo2の座を守り続けている「ツインパワー」

24年最新リニューアルされました。

ステラまでは手がでないが、とりあえず良いリールを持っておきたい!って方におすすめ!

スペックや機能は語れないので公式ページでご確認ください。

シマノ公式ページはこちら>>

予算に余裕があれば『ツインパワーを選んでおけばまちがいない感』がありますよね

第5位 ダイワ 23レガリス

★ダイワ汎用リール (上から高スペック)

イグジスト 最高峰 22モデル  
エアリティー 23モデル  
セルテート 24最新モデル ←2位
ルビアス 24モデル登場予定  
カルディア 21モデル  
フリームス 21モデル  
レガリス 23モデル ←5位

ダイワ汎用リールの中では比較的お買い求めやすい価格帯のリールです。

『いきなり高いリールに手をだすのもな~』と悩んでいる人は

まずはメーカーさんのリールでコスパの良い機種から始めてみるのもアリです。

23年にリニューアルをしたばかりで、ダイワテクノロジーもいろいろ採用されています。

ダイワ公式サイトで確認する>>

やや巻き上げ力が非力に感じると思うので、おすすめの番手は

LT4000-CXH

です。大型かつパワーハンドルノブが初めから採用されています。

まとめ

山陰エリアのオモリグ用スピニングリールを5選で紹介しました。

スピニングリールですので、すでにお持ちのものがあれば、ほとんどのリールは使えると思います。

パワーがあって自重が軽ければOK

ハンドルが特に重要で、ダブルよりもシングル、ノブは小さいものより大きいものがオススメです。

参考になれば幸いです。

 

オモリグのリール、ロッドを購入の方に人気が高い商品がこちら↓

第一精工バカ売れ船用竿受け【マルチスタンド130】が話題! | 釣り具店員が運営する釣りブロ!! (teru-turiblog.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました