「みんなの銀行」紹介プログラム

100%現金がもらえる案件

無料口座開設だけで現金1000円!

うなぎの好エサ「ミミズ」は【側溝】が簡単にとれます!

釣り情報
この記事は約3分で読めます。

うなぎの好エサといえばやはりミミズ!

釣具店にもミミズは売っていますが、結構高いです。

できれば、自分で獲りたいですよね。

エサをケチっては釣れるものも釣れない!

そこで今回、「実際私がミミズをとってきた」ので、手軽な取り方を紹介します。

 

まずは結果から!

30分ほどでこれだけとれました。70匹くらいいます。

ミミズを獲れる場所は

ずばり

側溝(そっこう)がおすすめ!

 

ミミズといえば畑の土の中!というイメージが強いと思います。

ただ

畑ってだいたい私有地なので、ごそごそ勝手にやってたら怒られるかもしれないし、どれ位掘ればいいかもよくわからないですよね?

そこでおすすめしたいのは、側溝です。

都会では難しいかもしれませんが、すこし山があるところの側溝なら期待できます。

側溝に落ち葉(腐葉土)が溜まっていれば、かなりの確率でミミズがいます。

 

側溝でミミズをとるメリットは、深く掘らなくても良いことです。

上の枯れ葉を軽くどかすだけで、出てきます。

手早くミミズを取っていくコツは、少し探ってみて、ミミズがいなければ、さっと場所移動することです。

逆に、ミミズが2・3匹すぐみつかればその周りには結構いる可能性が高いです。

条件がそろっているという事なんでしょうね。

単独でいる事は少なく、とれる時はまとめて取れます。

 

私も、1か所目ではミミズが見当たらなかったので、すぐ場所を移動しました。

次の場所では、すぐミミズが発見できましたので、この側溝をやってみることにしました。

6mくらいを、上の枯れ葉をスコップでどかす感じで進みました。

約30分ほどで70匹くらい?

腐葉土といっしょにいれてやると、長持ちします。

軍手をして、スコップ(クワでもOK)で枯れ葉をかき分け、ミミズがいたら手でつかまえます。

あまりガツガツスコップで掘ってしまうと、ミミズがちょん切れてしまいます。

優しく、枯れ葉のみをどかしてください。

 

今回は、ミミズの簡単な獲り方を紹介しました。

ミミズをたくさん獲って、うなぎを釣っちゃいましょう!

 

■防虫アイテム「おにやんま君」はやはりすごかった!

防虫アイテム「おにやんま君」の効果は?使ってみました!
釣りをしている時、アブなどがまとわりついて、うっとうしいな!って経験ないですか?特に、渓流釣りや鮎釣りなどでは、しょっちゅうあります。山での釣りではスズメバチなんかも飛んできて、うっとおしいというより危険ですので、防虫対策はしっかりと...

奥さんから「おにやんま君の効果はすごい」と力説されていました。

そこで今回のミミズ獲りの時につけてみました。

ミミズを獲っているとき「ぶ~ん」とあきらかにでかい虫が何度か飛んできました。

蚊ではない、なにかでかいやつ

いつもなら、しばらくまとわりつかれて、「うっとおしい」ところですが、今回は頭上のおにやんま君が黙ってはいません。

少し頭をふって、おにやんま君をアピールします。

すると、ほんとに、そのでかいなにかがいなくなったんです。

これが、何回かありました。

毎回、すぐいなくなります。

信じるか信じないかはあなた次第です。

created by Rinker
サンライン(SUNLINE)
¥3,350(2021/07/29 02:38:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました