デリバリーサービス使った事あります?

ウーバー、出前館、フードパンダなど

初回利用はかなりエグイサービスやってますよ!

【2021年版】タチウオテンヤロッド!人気おすすめランキング!

おすすめ商品
この記事は約7分で読めます。

船釣りアングラーさんの根強い人気のターゲット【タチウオ】

主にジギングとテンヤで狙いますが、今回はタチウオのテンヤ釣りに使用する、おすすめロッドをランキングで紹介します。

初心者の方はどうやってロッドを選べばよいかわからないと思いますので、素直にランキングを参考にしてください。大外れはありません。

同行者に少しでも差をつけたい!今の釣果では満足できない!という経験者様は上位機種のロッドをご検討ください。

まさにお客様から頂いた生の感想をおりこんだランキングになっております。

新しければ良いということはございませんが、新しいシリーズの方がより工夫・進化しているのは間違いないし、パーツの保有期間も長いので、発売日にも注視してランキングを作成しております。

 

このブログのランキングは、お店の販売数発売時期お客様の口コミなどを参考にした、釣り具店員である私が思うオリジナルランキングです。
新製品でもランクインしているものがあるのは、長年の経験から間違いないと判断しているからです。

では人気おすすめタチウオテンヤロッドランキングをごらんください。

 

【2021年版】タチウオテンヤロッドの人気おすすめランキング

第6位 ダイワ テンヤタチウオX

 

最適な調子を追求したテンヤタチウオ釣り専用モデル!
テンヤタチウオ釣り専用設計。8:2先調子でアタリをとりやすく合わせやすい調子です。ブランク最外層をX状にカーボンテープで締め上げた、ネジレを抑える強化構造を採用。細くても高い強度を確保し、持ち重り感の低減をはかることにより操作性をアップ。

 

2020年7月に発売されたタチウオテンヤロッド。ローコストモデルになっており販売数はかなりの上位。タチウオテンヤ入門者としてはお財布にやさしいのも嬉しいのでは。ただ安いだけなく、基本スペックはレベル高い。コストパフォーマンスは◎

これから始めてみよう!でもそんなに高いのはなぁとお悩みの方はこの機種をオススメします!

 

180と200の2アイテムありますが、180の方が圧倒的に売れています。

 

第5位 シマノ サーベルマスターSS テンヤ

テンヤタチウオに求められるファクターを高次元でまとめたハイパフォーマンスロッド。

テンヤタチウオをマスターすべく、シマノロッドテクノロジーを搭載して生み出されたサーベルマスター SS テンヤ。ブランクスには基本構造スパイラルXを採用し、シャープな操作性とドラゴン級のタチウオに対しても負けないロッドパワーを追求。

タックルと釣り人の接点となるリールシートには、ロッド性能を飛躍的に高めるXシートエクストリームガングリップを採用。独特のガングリップ形状や片側のボディを突出させた形状により、小型電動リールとの高いパーミング性能を発揮します。

誘い操作、アワセ、やり取りの回数が多いテンヤタチウオ釣りにおいて、軽快な操作性とファイト時の安定感が飛躍的に向上。喰わせと掛けのバランスを高めた、「喰わせ掛け調子」の73 MH185を新たに追加しました。

 

喰わせと掛けの両立を極めた、73MH185が追加ラインナップされ、この規格が人気あります。シマノのエクストリームガングリップも好評で、右用と左用別々で販売されていますので、お買い求めの際はご注意ください。

 

第4位 アナリスタータチウオ

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥20,790(2021/01/10 10:32:47時点 Amazon調べ-詳細)
アナリスターシリーズとは?
対象魚、釣法に対する徹底した分析(analysis)をもとに最も使いやすく、対応力の高い専用ロッドを提案するシリーズです。

 

2020年7月発売。中価格帯に位置するアナリスターシリーズのタチウオモデルの新シリーズ。私のいる瀬戸内では30号~40号のテンヤが主ですので、3規格あるうちの、ML-180が1番人気です。エアセンサーシート、メガトップ採用でダイワテクノロジーが惜しみなく搭載されています。

赤色のデザインも人気でおすすめのシリーズです。

 

第3位 メタリアタチウオテンヤSP

メタルトップの感度が光るテンヤタチウオ専用ロッドの王道!
穂先はタチウオの繊細なアタリを感じ、フッキング可能な本アタリを感じることのできる高感度メタルトップを採用。ブランクスには軽量なHVFナノプラスを使用し、さらにX45で強化することで瞬間的なフッキングと大型タチウオにも負けないパワーを備える。

リールシートはエアセンサーシートを採用することで快適なパーミングと軽量化を両立した。さまざまなシチュエーションや釣法に対応できるアイテムをラインナップ。タチウオを戦略的に攻略できる。

 

2019年モデルですがいまだ不動の人気シリーズ。2020年8月に82H-180の新規格もラインナップされメーカーもまだ押している感じ。

瀬戸内モデルも発売されており、主に30号~40号を使用するフィールドならフィットすると思います。お客様からの評判も良く、外れなくそこそこのものを使いたいという方にはおすすめできる1本です。

 

第2位 極鋭タチウオテンヤSP

調子の使い分けを提案する高感度テンヤタチウオロッド!
テンヤタチウオ釣法に求められる感度と操作性を追及したテンヤ釣法専用モデル。穂先にはタチウオからの極小さなシグナルを大きく表現してくれる『SMT』を搭載。

軽量・高硬度『AGS』との相乗効果で、極鋭だからできる手感度・目感度を実現した。

リールシートは軽量・高感度なエアセンサースリムトリガーを採用。小型電動リールとの相性もよく、思い通りのロッド操作を可能にすると同時に、長時間の使用でも疲れにくい。細身のブランクスながらもX45を搭載し、確実なフッキングやドラゴンサイズとのファイトをサポートしてくれる。

 

アイテム特徴

■これまでのテンヤロッドのノウハウを濃縮したESS 設計
■『AGS』だからできる軽量・高感度を実現
■テンヤ釣法で市場評価の高い高感度『SMT』穂先搭載
■掛け遅れを防止し、ドラゴンにも対応するX45
■操作性が高く小型電動との相性も抜群のエアセンサーシートスリムトリガー
■シチュエーションに合わせてロッドを選択できる73、82、91の調子設定

 

ダイワのテクノロジーを全て注いだ、現段階での最高レベルモデル「極鋭シリーズ」

2020年8月に新たなランナップとして新シリーズを展開している「極鋭シリーズ」のユーザーは、1度使ったら離れない印象です。

 

第1位 極鋭CONCEPT GAME(コンセプトゲーム)

コンセプトが見える進化したライトゲームロッド。
釣法の変化やタックルの進化により、ゲームロッドに求められる性能は多様化している。同じ対象魚を狙う中でも「もっとライトに」「ゲームロッドで大物を」「自分だけのアタリを」など、釣り人の想いは留まることを知らない。極鋭コンセプトゲームはL(ライト)、P(パワー)、MC(マイクロセンシティブ)とアイテムごとの方向性を明確化。ゲームロッドはコンセプトに合わせて設計することで、さらなる進化を遂げた。

L(ライト)、P(パワー)、MC(マイクロセンシティブ)の3つのコンセプトで、展開しているシリーズです。詳しくはダイワHPをごらんください。

なかでもタチウオテンヤにおいて、圧倒的にLコンセプトが指示されています。

極鋭CONCEPT GAME L MH-185AGS ←この型番がタチウオテンヤに人気です。

極鋭タチウオテンヤSPを抑えての堂々の1位はこの竿に決定しました。

 

極鋭CONCEPT GAME L MH-185AGSの口コミ

クチコミ
クチコミ

極鋭シリーズはもともと好きで、タチウオテンヤの時には、極鋭タチウオテンヤSPを使っていましたが、となりの友人とやたら釣果に差がついたので、聞いてみるとこの竿でした。負けず嫌いな私も即購入し使ってみると、合わせなくても勝手に釣れるという感じ。今まで必死に合わせをいれて掛けることに集中していましたが、なんか違う釣りをしている感覚。その日は竿頭。その日からの竿が1軍になりました。

クチコミ
クチコミ

とにかく軽くて疲れないのが良いですね。感度もいい。

クチコミ
クチコミ

会社の釣り初心者女の子を連れて何人かで、テンヤ釣りへ。その女の子にこの竿を貸しました。そして釣り歴〇十年のおじさん達のなかで、みごと竿頭に。合わせなくても勝手にググっとなって、釣ったというより釣れてたに近い。

 

まとめ

今回は瀬戸内で人気のタチウオテンヤ釣りで使う竿!人気おすすめランキングを紹介しました。

 

ダイワ強いですね~

 

ご購入の参考になれば幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました