【Global Hosting】って知ってます?

あやしい・・あやしいぞ・・

あえてチャレンジする様をどうぞ!

【2021年版】エギングロッド!人気おすすめランキング!

おすすめ商品
この記事は約7分で読めます。

アオリイカをエギで狙うエギング!

釣り初心者の方からも人気の高いジャンルです。

今回は、エギングロッドおすすめランキングになります。

今、売れている商品がまるわかり!ぜひ参考にしてください。

 

このブログのランキングは、お店の販売数発売時期お客様の口コミなどを参考にした、釣り具店員である私が思うオリジナルランキングです。
新製品でもランクインしているものがあるのは、長年の経験から間違いないと判断しているからです。

 

エギングロッド、規格の選び方

エギングロッドを選ぶ基準は、長さと硬さになります。

ランキングのどのロッドも、売れる規格は同じになりますので、参考にしてください。

エギングロッドの長さ

現在は8.6フィートが主流の長さになります。

身長が低いお子様や女性の方は、8.3フィート以下、遠投をしたいという方は8.9フィートというように選べばok

基本は8.6フィートで良いと思います。

エギングロッドの硬さ

エギングロッドの硬さは

L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムハード)

というようにアルファベットで表示されます。

右にいくほど硬くなります。

使用するエギのサイズと、釣れるイカの大きさによって、硬さを選びます。

最初の1本におすすめは、MLM のどちらかです。

  • 春の親イカ&3.5寸のエギがメイン→M
  • 秋の新子&2.5~3寸のエギがメイン→ML

 

秋シーズンから始める方はMLの方が良いと思います(春はやらないって方も多い)
春も兼用で使いたい!って方はMを選んでも大丈夫です。

 

【2021年版】エギングロッド 人気おすすめランキング!

第1位 ダイワ エメラルダスX 86ML

商品特徴

基本性能を押さえたコストパフォーマンスエギングモデル
■ブレーディングXによる補強
■ハイエンドにも使用されているFUJI VSSリールシートを採用

基本性能はおさえながら、実売価格が1万円前半で、初心者がエギングを始めるのに最適なエントリーモデル。

ダイワさんのエギングシリーズの製品ラインナップを確認してみましょう。

エギング 外ガイドモデル

ラインナップ実売価格
エメラルダス STOIST RT80000円前後
エメラルダス STOIST AGS70000円前後
エメラルダス AIR AGS45000前後
エメラルダス MX26000円前後
エメラルダス X14000円前後
リバティクラブ エギング8000円前後


エメラルダスブランドのなかで、コスパに優れたエントリーモデルになります。

 

Xシリーズはどのブランドでもエントリーモデルの位置づけですが、あなどることなかれ!

初心者も方には充分な機能性も備えております。

 

売れに売れています!2017年デビューのものですので、じゃっかんリニューアルが気にはなりますが、コスパの良さと販売数を考慮し、1位とさせて頂きました。

 

第2位 シマノ セフィアBB S86ML

シマノのエギングブランドセフィアのエントリーモデルが、第2位となりました。

まぁど定番ともいえるので、納得の順位でしょう。

ダイワが好きなら、1位のエメラルダスX、シマノが好きならセフィアBBって感じで選べば良いと思います。

 

第3位 メジャークラフト クロステージCRX-862E

初中級者の方から支持されてきたクロステージが、進化をとげながら3代目に突入。

1万円前半の実売価格で高スペック。

1つ下の位置づけのソルパラも人気高いですが、店員としてはもう少し予算を足して、クロステージにした方がオススメな気もします(個人的意見)

メジャークラフトさんは、硬さの表記に「M」「ML」などは使っていないですが、今回紹介した「862E」は、シマノ・ダイワでいう「M」の硬さになります。
※詳しくは公式ページにて確認ください

 

第4位 ダイワ エメラルダスMX 86ML

2021年7月に発売されたばかりのNEWロッド!

ラインナップ実売価格
エメラルダス STOIST RT80000円前後
エメラルダス STOIST AGS70000円前後
エメラルダス AIR AGS45000前後
エメラルダス MX NEW26000円前後
エメラルダス X14000円前後
リバティクラブ エギング8000円前後

この秋、かなり人気を集めそうです!

ハイコストパフォーマンスのベーシックエギングロッド
  1. 上位グレードに搭載されているテクノロジーを惜しみなく取り入れたベーシックエギングロッド
  2. 初心者の方のステップアップ、また性能に妥協したくは無い・・でもコストパフォーマンスは重視したい・・と思っている中級~上級者の方にもおススメのシリーズ
  3. ネジレ防止最適構造X45により、しなやかなのにブレのない使用感
  4. ブランクは上位モデルにも採用されている強度・軽量の両立を図るHVFナノプラス
  5. 圧倒的軽量感を誇るカーボン製エアセンサーシート
  6. 「-S」モデルは高感度メガトップ
  7. 全機種Kガイド(オールSICリング)

潮流の変化も逃さない繊細なソリッドティップが搭載された【S】シリーズもラインナップされました。

初心者の方は、ど定番の86ML、86Mのどちらかで大丈夫だと思いますが、慣れている方は繊細ティップの【S】も視野にいれて選択してもらえればと思います。

特に、ヤリイカなどの筒イカ系や、秋シーズンのアオリイカの新子狙いの時には、ソリッドティップが面白そうな気がします。

 

第5位 メジャークラフト ソルパラ SPX-862E

なんといっても価格が魅力!

とりあえず安価で始めたいって方も多く、ソルパラシリーズはやはり人気が高いです。

とにかく実売数が多いのでランキング入りしました。

 

 

以上、エギングロッドのランキングでした。

参考にして頂けると幸いです。

 

番外編 インナーロッドもオススメです。

上記のランキングは外ガイド仕様のものです。

基本外ガイドのロッドが主流だからです。

ただ、個人的にはインナーロッドもかなりおすすめです。

理由は2つ

  1. しゃくった後に出る糸ふけがあっても、ガイドに絡むことがない
  2. ひと昔前と比べて、格段にラインの出が良くなっている

私はインナーロッドを愛用しています。エギングにつきもののガイド絡みは、大きなストレスになりますが、それがないのが嬉しい。またラインの出は、PEを0.6号の細ラインにするなどの工夫で、みなさんが思っている以上にでます。

 

インナーロッドに関しては、ダイワさんの「スーパーDRY」の性能が高く、ダイワ一択でオススメします。

エギングインナーロッド おすすめ!ダイワ エメラルダスMX IL 86M

2021年7月デビューのNEWアイテム

ハイコストパフォーマンスのベーシックインターラインエギングロッド
  1. 上位グレードに搭載されているテクノロジーを惜しみなく取り入れたベーシックエギングロッド
  2. 初心者の方のステップアップ、また性能に妥協したくは無い・・でもコストパフォーマンスは重視したい・・と思っている中級~上級者の方にもおススメのシリーズ
  3. ネジレ防止最適構造X45により、しなやかなのにブレのない使用感
  4. ブランクは上位モデルにも採用されている強度・軽量の両立を図るHVFナノプラス
  5. 圧倒的軽量感を誇るカーボン製エアセンサーシート
  6. 超撥水ドライで撥水性抜群。ガイド仕様と比較しても飛距離などは全く問題無し

インナーロッドは中に潮が詰まるとアウトですので、使用後は必ず真水を通してください。

私は、必ず釣行後のお風呂にいっしょにもって入り、シャワーでぬるま湯を通すようにしています。

 

参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました