DORA麻雀三麻で勝つために絶対おさえておきたい本2冊!

おすすめランキング
この記事は約3分で読めます。

麻雀の勉強したいけど、たくさんありすぎて、どの本を買えばいいかわからない!

とお悩みの方に、私から2冊紹介させて頂きます。

いくつか麻雀本を読んできましたが、ぶっちゃけこの2冊が飛びぬけて役にたったと実感しています。

ではさっそく!

第1位 ウザク式 麻雀学習 「牌効率」

現代麻雀では、とにかくスピードが重要視されています。

河に迷彩をつくるとか?は最近では全く聞かないですよね。

特に、三麻ではだれよりも最速で先制リーチを打つことが、1番期待値の高い戦法として確立されてきました。

その最速で手配を上がりにもっていく、手順、理論を牌効率といいます。

1番効率の良い捨て牌はどれか?

これを毎回、行っていくということです。

私、DORA麻雀で全然勝てなくて、今までの我流での捨て方や考え方では通用しない!と判断し、いろんな麻雀本を読みました。

この本、とてもわかりやすい!

今まで、なんとなく打ってた牌が、こういう理屈で正解なんだ!

というのと

逆に

えー!この場合はこっちが正解か!

という、間違ってた部分もわかりました。

【押し引き判断】や【捨て牌読み】の前に、まず自分手を最速であがりにもっていく技術

それが「牌効率」

牌効率を勉強したい!って方におすすめの一冊です。

created by Rinker
¥1,188(2022/09/27 04:23:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

第2位 データで勝つ 三人麻雀

この本は三人麻雀に特化した戦略を、膨大なデータから数字を根拠に紹介してくれています。

麻雀は運の要素が強いとはうえ、膨大なデータから導かれるセオリー的なものを知っていた方が絶対によいです。

例えば

先制両面待ちは、絶対にリーチした方が良い

とこの本では言いきっています。

その根拠も数字に基づいていますので、読んでいてとても納得できます。

そして、実際今私はこの本に書かれているセオリーをほぼ実践で使っています。

この場合にはこうした方が長期的にみて、お得!という引き出しを

1つだけ持っている人と

たくさん持っている人

そっちが長期的にみて、勝ちやすいと思いますか?

created by Rinker
三才ブックス
¥1,980(2022/09/27 04:23:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ麻雀本 まとめ

麻雀には、理詰めでこの打牌が正解というものが存在します。

その形を知ってなきゃ導くことが困難なものもあります。

暗記をすることで正解の打牌を選択できるようになるでしょう。

その引き出しを増やしていくためにも、一度もちゃんと勉強してこなかったって方は「牌効率」の本を読むと良いです。

そして、戦術的なことは「データで勝つ 三人麻雀」で学ぶことをオススメします。

  1. 自分の手配の進行に役立つ「牌効率」
  2. リーチを打つのか打たないのか?シャンポンで受けるのか両面でうけるのか?などの戦術

上記2冊でこの2点をフォローできていると思います。

もし、あなたが今後ずっと麻雀をプレイしていくなら、一度読んでおくことをお勧めします。

この本の内容をライバル達は知っていて、自分だけが自己流で戦っていくとしたら、かなり不利な状況で戦っていくことになります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました