デリバリーサービス使った事あります?

ウーバー、出前館、フードパンダなど

初回利用はかなりエグイサービスやってますよ!

PEラインにリーダーが必要な理由は?

釣り情報
この記事は約3分で読めます。

近年の釣り、特に船釣り、ルアー釣り全般にはPEラインがかかせないものになってきました。

そのPEラインにはリーダーが必須アイテムであります。

リーダーとは、PEラインの先に、フロロカーボンもしくはナイロン素材の太いラインを結ぶものです。

なぜリーダーが必要なのか?

これはPEラインにはいくつかの弱点があるからです。

まずはPEラインの弱点をみていきましょう。

 

PEラインの弱点をみていくと、リーダーの必要性もみえてきます

PEラインの弱点

PEラインの弱点1 ラインがからみやすい

こしがないので、ルアーや仕掛けによく絡みます

仕掛け(ルアー)が絡んだままだと、釣れるチャンスも激減。すなわち釣果に影響します。

 

PEラインの弱点その2 結束力が弱い

PEラインをそのまま、仕掛け(ルアー)を結んで投げると、簡単にパチンときれて飛んでいきます。

釣りをしたてのころ、PEラインは強いと思い込んでて、直接ルアーを結んで、何個もとんでいきました(体験談)

 

PEラインの弱点その3 スレに弱い

魚の口まわりや、仕掛け(ルアー)に近い部分は、スレることが多くなります。

その部分を強度のある、フロロカーボンのリーダーを結んでおくことによって、切れるのを防ぎます。

 

おすすめのリーダー素材

PEラインの弱点をおぎなうリーダーですが、フロロカーボンとナイロン素材、両方販売されています。

特徴を確認しておきましょう

 スレ伸び価格
ナイロン普通適度にのびる普通
フロロカーボン強いあまり伸びない少し高い

個人的には、価格は少しだけ高いですが、やはりスレに強いフロロカーボンがオススメです。

 

ナイロンのリーダーの方がいいってケースもあるんかの?

PEもフロロも伸びがない素材なので、大きな魚がかかって急にひっぱった時に、適度にのびてくれるから、ナイロンの方がいいって方もいます

 

釣りもの別!PEライン、リーダーの最適な号数

参考程度にみてください。全く一緒じゃないとダメってことはないです。

 PEラインリーダー
エギング0.8号以下1.5号~2.5号
メバリング0.2号~0.4号0.8号~1.2号
タイラバ0.6号~0.8号3号・4号
ひとつテンヤ0.4号~0.6号3号・4号
サーベリング1号~1.5号5号~8号
船メバル0.8号3号

 

 

 

まとめ

PEラインを使うメリットは大きいですが、弱点もたくさんあることを紹介しました。

その弱点を補うために、リーダーが必要になることが理解できたと思います。

PEラインを購入するときには、いっしょにリーダーも用意しましょう。

 

今回の記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました