デリバリーサービス使った事あります?

ウーバー、出前館、フードパンダなど

初回利用はかなりエグイサービスやってますよ!

釣りの基礎知識 サルカンとは?サルカンの結び方は1つだけ覚えればOK!

釣り情報
この記事は約2分で読めます。

サルカンとはラインとラインをつなぐ、結束金具です。スナップ付きのサルカンを使えば、天秤への連結や、仕掛けの交換がワンタッチでできる為、釣りにおいて大変重要な小物です。

サルカンには連結が簡単になるだけでなく、重要な役割があります。

それは、仕掛けやルアーなどが水中で回転した時の、ラインのよれを軽減することです。

仕掛けを回収するときに、水中で抵抗を受け、仕掛けは回転しながら返ってきます。その時にラインがよじれてしまいます。

ラインがよじれると、ラインがもつれやすくなりトラブルの原因になります。

サルカンを間に入れる事によって、サルカンの軸が回転し、ラインのよれを戻してくれるのです。

そのため、サルカンの事をヨリモドシとも言います。

ヨリモドキくれ~

 

ヨリモドシのことですね~

 

サルカンは道糸とハリスの間や仕掛けの金具部分を接続するときに使用する。

糸ヨリを防ぐ機能もあるためヨリモドシとも呼ばれる。仕掛けの交換や補修を素早く簡単にできるほか、極端に太さが違うラインを連結してもそれぞれの強度を保つ。

サルタンにはローリングサルカン、クレンサルカン、松葉サルカン、箱型サルカンなど数多くの種類がある。

サルタン以外の接続用金具には、安全ピン型で、脱着が可能なスナップ、自動ハリス止めなどがある。

スナップは単体で使うこともあれば、スナップ付きサルカンのように、元からサルカンとセットになったものもある。

脱着が簡単なため、ルアーやオモリ、天秤等の装着に使う。

自動ハリス止めは道糸に結び、そこにハリスを差し込むだけで接続できる便利なアイテム。サヨリやハゼなどの小物釣りで使われる。

 

ラインとサルカンの接続はこちらの結び方が簡単です(ルアーをサルカンに置き換えてみてください)

この、結び方を1つ覚えておくだけで充分ですので、ぜひマスターしておいてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました