NEW22ソアレBB新型と旧モデルとの比較!15gの軽量化とマイクロモジュールギア搭載!

おすすめアイテム
この記事は約3分で読めます。

シマノさんの、ライトソルトルアー専用リールソアレBBの新型が、2022年12月に発売されました。

アジングやメバリングに代表されるライトソルトルアー用ブランドSOARE(ソアレ)の、1番安価なBBシリーズになります。

これから、アジングやメバリングを始めてみようという方は、要チェックアイテムとなります。

今回は、旧モデルとNEW22ソアレBBを比較して、何が変わったのか?お買い得商品なのか?というところを、釣り具店員目線で解説します。

NEW22ソアレBBと旧モデル比較「外観」

22ソアレBB C2000SSHG
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥12,980(2023/01/30 04:52:37時点 Amazon調べ-詳細)

黒とゴールドをベースにした色合いは残しつつ、やや黒多めのデザインになりました。

個人的にはシックになって、NEWモデルの色の方が好きですね。

 

NEW22ソアレBBと旧モデル比較「スペックと価格」

見た目の次は、スペック(数値)を比較してみます!

●ソアレBB C2000SSHGでの比較

 NEW22モデル旧18モデル
ギア比6.16.0
最大ドラグ力33
自重185g200g
糸巻量3lb-1003lb-100
最大糸巻量8279
ハンドル長4545
ベアリング5/15/1
本体価格18000円17500円

なんともともと軽量小型リールなのに、さらに15gの軽量化に成功しています。

釣り道具において軽さはかなり重要度が高い数値です。

価格が500円高くなりましたが、昨今の値上げ状況をふまえると、致し方ないのかなという印象です。

 

NEW22ソアレBB そのほかの大きな進化

特筆すべき進化点をあげると2点

  1. ドラグ性能の向上
  2. マイクロモジュールギア採用により、滑らかな巻きごこち

 

ハイレスポンスドラグの採用

今までのソアレBBで、細糸を使用する場合、ライン切れを防ぐためにはドラグをズルズルにセッティングするしかありませんでした。

NEWソアレでは、ドラグ能力が向上し、多少締め気味でも負荷がかかった瞬間からすべりだすのでラインブレイクを防ぐことができます。

 

マイクロモジュールギアの搭載

今まで高スペック商品(価格の高いアイテム)にしか搭載されたこなかった「マイクロモジュールギア」がついにエントリーモデルにまで搭載されました。

これは旧モデルから急激な進化です。

からやかでなめらかな巻きごことを得る事ができます。

マイクロモジュールギアⅡ

かろやかで滑らか。珠玉のギアフィール。

最先鋭の歯面設計、シマノならではの製造技術によって進化したマイクロモジュールギアⅡ。ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。


※500SPGを除く

シマノ公式より

ドラグ機能の向上、マイクロモジュールギアールギアⅡ採用による、ストレスフリーな巻きごこち。

 

これ本当にエントリーモデル?

 

NEWソアレBBの規格は3つ

NEWソアレBBは3つの規格が発売されました。

  1. 500SPG・・・6フィート以下のショートロッドに(エリアトラウトでもOK)
  2. 2000SSPG・・アジングのスタンド―ドモデル
  3. 2000SSHG・・ライトルアー全般に使用できる万能規格 初めの1本におすすめ

 

どれがいいかわからないという方は、2000SSHGを選んでおけばOKです。

まとめ

4年ぶりに完全リニューアルされた、ソアレBBシリーズ

エントリーモデルという位置づけながら、スペックはかなり上がったと思います。

店頭でライトソルトルアーを始めてみたいという方には、自信をもってオススメできるリールです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました