電動リール用バッテリーの種類・選び方・保管方法を解説

バッテリーの基礎知識釣り具店員のうんちく
この記事は約3分で読めます。

電動リール使用時に必ず必要なバッテリー!今回は電動リールバッテリーの基本的な豆知識と、おすすめランキングを紹介します。

電動リールは大きく分けて2種類ある。鉛とイオン。

現在、電動リール用のバッテリーとして、市場に出回っている種類は、鉛バッテリーとリチウムバッテリーがあります。

それぞれの特徴を表にまとめました。

 電圧(力)重さ価格
鉛バッテリー普通重たい安価
リチウムバッテリー高い軽い高額

電動バッテリー 基礎知識

バッテリーを選ぶ基準として、電圧と電流と容量があります。これらの説明を致します。参考サイトはSPL様(ダイワのアフター専門分野)となります。

それぞれを水に置き換えて考えると、電圧は水圧、電流は水流、容量が水量になります。
例えば水車を回す場合、水圧が高いほうが水車は良く回り、同じ水圧なら水流を多くした方が水車は良く回ります。
しかし、水流が多いほど早く水が無くなります。

出典 SPL

わかりやすい説明ですね

電圧

単純に電圧が高いほど大きな仕事ができます。

鉛バッテリー・・・定格12V
リチウムバッテリー・・・定格14.8V

上記をごらんのように、リチウムバッテリーの方が大きな仕事ができるといえます。モーターを回す力が大きいという事で、電動リールなら、スピードと力が早く・強くなります。

電流

電流は電動リール側の負荷によって変動します。モーターの種類や、鉛の重さなどで変わってきます。

シーボーグ系電動リールの、80号ビシの空巻きHiで、およそ5A前後の電流が流れます。

バッテリー側も、出せる電流には制限があります。

鉛バッテリー・・・100~300A(アンペア)の電流がだせます。
リチウムバッテリー・・・10~30Aとなり、負荷が大きすぎると不足する場合があります。

かならずしも、全てにおいてリチウムバッテリーの方が勝っているというわけでもないみたいです

容量

単位はAH(アンペアエイチ)通称アンペアです。

これは「A = 電流の単位」、「H = 時間」で、「A × H」の掛け算。

20AH の表示が有る場合、10A(アンペア)の電流なら2H(時間)流せます。という意味。

5A(アンペア)なら4H(時間)ですね。

実際に巻上げている時間が電流の流れる時間ですので、手返し回数や水深により必要な容量は変わります。

通常20A(アンペア)のものなら、一般的な船からの釣りだと、1日持つ容量です。(途中で切れたという事を聞いたことがありません)

電動バッテリーの保管方法

まずバッテリーは消耗品だと最初から思っておいてください。車のバッテリーもそうでしょ?

そして、使用していない時も消耗していきますので、正しい保管方法を知って、なるべく長持ちさせてやりましょう。

  • 保管場所は冷暗所に。
  • 過充電・過放電はNG。内部劣化が進みます。
  • 鉛バッテリー・・満充電にしてから保管※少なくとも半年に1回は充電が必要
  • イオンバッテリー・・・満充電でも劣化し、過放電時(カラ)は著しく劣化が進みます。つまり30%~50%位での保管がベストになります。長期間使用されない時は満充電にして保管をします

スマホなどのバッテリーも、充電器に差しっぱなしは良くないっていいますよね。過充電状態になるからですね。

 

 

こちらの記事も参考にしてください

【2022年版】電動リールバッテリー!人気おすすめランキング!

【2022年版】電動リールバッテリー!人気おすすめランキング!
電動リール使用時に必ず必要なバッテリー!今回は電動リールバッテリーのおすすめランキングを紹介します。尚、バッテリーついての知識を深めたい方はこちらの記事をごらんください。電動リール用バッテリーの種類・選び方・保管方法を解説...
タイトルとURLをコピーしました