墨袋キャッチャー!フォーセップとの違いは?イカの墨袋をとる専用のはさみ?

墨袋キャッチャーおすすめ商品
この記事は約2分で読めます。
  • イカの墨袋を綺麗に抜くことができる便利なものがあるって聞いたんだけど・・
  • 内臓もいっしょに抜きたいんだけど・・・

剣先イカ(シロイカ)釣りをしていて、大変なのはクーラーが真っ黒になること。

疲れて釣りから帰ってきて、クーラーの掃除するのって、結構しんどくていやじゃないですか?

かといって、墨がついたままだと、臭いや汚れが落ちなくなるか気になるし・・

釣り場で、イカの墨袋や内臓を綺麗にとることができれば、だいぶ楽になるし、調理する時に墨袋が破れて真っ黒になるってことも防げます。

今回は、墨袋を抜き上げる専用のフォーセップを紹介します。

 

 

日新 墨袋キャッチャー(漢気シリーズ)

【商品特徴】
●錆びにくいステンレス製
●手返し重視のストッパーレス仕様
●墨袋を掴みやすいロングノーズ&角度設定
●ラバーグリップ(プロテクトカバー)
●140㎜と180㎜の2サイズがラインナップ

フォーセップと良く似ています。ぶっちゃけフォーセップでも代用可能です。

フォーセップとの違いは?

通常フォーセップにはストッパーがついています。針をホールドしたまま、持ち替えたりするのにストッパーが便利なのです。

しかし、墨袋をとる作業には、ストッパーは必要なく、手返し重視の為、あえてストッパーはついていないのが特徴です。

また、先端の部分が墨抜きしやすいように、カーブノーズになっています。

他にも手が痛くならないよう、ハンドル部分はラバーグリップ仕様

墨袋キャッチャー

2サイズありますが、断然180㎜の方がオススメです。大は小を兼ねるで大剣が釣れても安心です。

 

 

ダイトーブク フォーセップ180BK 墨袋はずし

ダイトーブクの墨袋はずし

フォーセップのラインナップが多い、ダイトーブクさんからも「墨袋抜き専用のフォーセップ」がリリスされています。

やはり、ストッパーがついてない仕様ですね。

 

墨抜きを動画で解説

こちらの墨抜きの動画をごらんください。

なんとなくイメージはできると思います。

 

コツは「墨袋」をつかむのではなく、根本をつかむそうです。内臓ごと抜いてOKです。

 

 

まとめ

今回は、墨袋抜きに便利な「墨袋専用のフォーセップ」を紹介しました。

まとめると

  • フォーセップでも代用可
  • フォーセップのストッパーがついてないのが、墨袋外し専用の仕様
  • 長めで先端がカーブになっているものが使いやすい
  • 墨袋を直接つかまない
タイトルとURLをコピーしました