ブレードジギングのおすすめタックル紹介!サワラの釣り方!

ショアジギング
この記事は約6分で読めます。

近年、ブレードがついたメタルジグをキャストして、サワラを狙う釣り方が人気になってきました。

大阪湾、船からのキャスティングゲームでも釣り人が増えてきましたし、鳥取の境水道では1年中陸っぱりからサワラ(サゴシ)を狙っているイメージです。

今回はブレードジグを使ったサワラ狙いのタックルを紹介します。

 

サワラ狙い!ブレードジギングおすすめタックル

 

注意事項!

店頭で初心者のかたには、「この号数を使うと良いです」という感じでズバリこっちで選んであげることが多々あります。

このブログでおすすめするタックルセッティングも同じ感覚でズバリ指定していますが、あくまで1例であり、それ以外がダメというわけでありません。ご理解ください。

とはいえ、ど真ん中をお勧めしていますので参考にしてもらって大丈夫です!

 

アイテムおすすめ
ロッド30g~50gのジグ対応(MAX60g)で9.6フィート前後のロッド
リール4000番~5000番のスピニング。パワーハンドルタイプが楽
ラインPE1.5号 200m
リーダーフロロカーボン 4号
リーダーの長さ3m前後
メタルジグブレード付きのジグ 30g~50g

では1つづつ解説します。

 

ブレードジギング おすすめロッド

基本的にはショアジギングロッドと同じになります。

より遠投が必要な場所では、長く、硬く(重たいジグを投げるため)になります。

9~11フィートの長さになります。

【2022年版】ショアジギングロッド!人気おすすめランキング>>

 

船からのキャスティングロッドおすすめ

陸っぱりではなく、船からキャスティングでサワラを狙う場合は、7フィート前後の長さになります。

9フィート以上だと船上では邪魔になりますからね。

おすすめのブレードジギング専用ロッドを紹介します。

シャウト セデュースBLJ ガンナー&ブースター

30g~50gのブレードジグで手返しよくキャストを続けるならガンナー!

60g~100gのブレードジグを使い深場までしっかり攻めるならトルクのあるブースターという使い分けになります。

ブレードジギングおすすめリール

基本的にはショアジギングと同じタックルになります。

4000~5000番のスピニングリールになります。

軽量かつパワーのあるリールがおすすめです。

以下の記事が参考にしてください。

【2022年版】ショアジギングリール!人気おすすめランキング>>>

 

 

ブレードジギング おすすめライン&リーダー

推奨号数として、PE1.5号+リーダー4号としていますが、多少前後してもかまいません。

created by Rinker
バリバス(VARIVAS)
¥4,582(2022/11/28 00:02:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブレードジグ おすすめ

近年、各メーカーさんからブレード付きのジグがたくさん発売されました。

いくつか紹介します。

第1位 ブレードジグ シャウト ブレードショーテル

created by Rinker
シャウト!
¥1,045(2022/11/28 00:02:46時点 Amazon調べ-詳細)
ブレードジギング専用のテイルブレードジグ
サワラをメインターゲットとしたブレードジギング専用のテイルブレードジグ。
シルエットを小さく、ウエイトは重く。求められる性能を実現した極太ボディは、高速巻きでも回転しにくく安定姿勢を保持。
ブレードによるキラメキと振動によりサワラへのアピール力抜群。高速巻きだけでなく、ストップ&ゴーやフォールを入れることにより青物やマダイもターゲットに!
シャウト公式ページより

新色の「ピンクゼブラグローケイムラ」「チャートゼブラグローケイムラ」のハイアピールカラーはおすすめです。

ブレードショーテル
ピンクゼブラグローケイムラ

30g~80gまでリリースされていますが、陸っぱりからのキャスティングで活躍するのは、30g~50gくらいまでで、ロッドにあわせて使い分けしてください。

 

第2位 メジャークラフト マキジグJET

MAKI-JIGJET

イワシなどの小魚を追い回すターゲットには、ジャークやスライドなどのアクションでヒットに持ち込むパターンが一般的ですが、マイクロベイトなどの動きの遅いベイトに着いたターゲットには全く通用しない場合があります。そんな時に最も有効なのがブレード付きにジグになります。あえてジグの動きを制御し、ブレードのフラッシングと微波動だけでヒットに持ち込める「巻くだけジグ」でマイクロベイトパターンを攻略してください。サバやサゴシ・サワラといったリアから食いつく魚や、根魚・マダイなどの鯛ラバで釣れる魚にも効果抜群!ターゲットを選ばない巻くだけジグ「マキジグ」でショアジギングからスーパーライトジギングまで楽しめるでしょう。

メジャークラフト公式より

メジャークラフトさんからは、JET以外にもブレード付きメタルジグが発売されています。マキジグスロウや、ジグパラサーフなどがあります。

それらでもサワラを狙えますが、ぶっ飛び性能があり、直線での巻き抵抗の少ないJETが、陸っぱりブレードジギングではおすすめになります。

カラーは弱った魚を演出する「ダメージ鱗」シリーズが人気です。

 

 

第3位 ハヤブサ ジャックアイ マキマキ

巻くだけで釣れる、ただ巻き専用ジグ

マキマキは、「巻くだけで魚が釣れる」誰でも手軽に使えるジグです。
巻きのアクションには特にこだわり、アングラーの操作(巻きスピード)でアクションを変化させることができるようになっています。
状況に合わせてアピールの仕方を変えることで、ただ巻きゲームを攻略しましょう。

ハヤブサ公式ページより

高速で巻くとメタルジグ本体もウォブリングしてアピール。スローで巻くとブレードだけが回転してアピールします。

巻くスピードでアクションをコントロールできます。

 

ブレードジグでサワラを狙うアクション方法

基本、ブレードジグはブレードが回転をしてアピールしますので、ただ巻きで結構です。

ジャークなどは基本いりません。

青物を狙う場合はまた、いろんなアクションがありなのですが、サワラを狙う場合、基本ただ巻きでよいとされています。

サワラが急な方向転換が苦手で、まっすぐ泳ぐことに長けていると言われており、ルアーを捕食させやすくする為にも、ルアーをまっすぐ泳がすことが重要になります。

リアからガブッと喰ってきます。

問題は「どのスピードのただ巻きが当たりパターンなのか?」

これは日によって違うので、巻取りスピードに変化をつけてその日の当たりスピードを探っていくことが、サワラのブレードジギングのキモになります。

 

 

まとめ

今回は、ショアジギングの1つである、ブレードジギングを紹介しました。

サワラは本当においしい魚で、高級魚ですので、ぜひ陸っぱりから狙える地域の方は、ブレードジグを使って狙ってみてほしいです。

普段、ふつうのジグしか投げてないって方が、この記事きっかけでブレードジグを使って、そして釣果がでれば嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました